■  日  日  夜  夜  ■

    日々のタワゴト                  タワゴトです。

上から読んでも下から読んでも まさかイカサマ



▼1/7 木

朝寝坊。気付くと夫は出勤していた。。。お弁当作りそびれてしまった。まったく最近主婦業完全放棄って感じになってる。別に夫からのクレームはないが。

7時に起き上がってコタツで『ひまわり 一巻』を読み始めた。前々から娘が「ゼッタイ面白いから読んでみて」と言っていたにも関わらず絵が受け付けない・・・と読んでいなかった奴。そうそう。去年の本にも挙げた東村アキコ作品だった。ほぼ本人の実話だそうだ。主人公は、国立の美術系大学を出たけれど就職がなくて父親の会社に勤めた女の子。この父が、もうやったら素っ頓狂な人。エピソード1:弟がカレー用の皿にご飯を片側に寄せて父にルーをかけてもらったところ、なぜか空白部分を無視して御飯の上だけにカレーをかけられた話が出てきた。こうして文にすると、へぇ〜。それで?って感じだが、絵で見るとやたら可笑しかった。次から次へと、この類のわけわかんない父エピソードが示され、もう朝っぱらから腹の皮がよじれて一人コタツで馬鹿笑いをしていた。ふと殺気を感じてそちらを見ると座椅子で丸まっていたタラが怪訝な表情で(おかーさんダイジョブか?)と見ていた。

朝一西区にあるらしき新しい店舗の○藩に出撃予定だったが、風呂入ったりして、やっと10時半頃到着。客いねぇ。いやな感じ。店の位置も分かりにくくフリの人が来づらい感じ。回りも悪く、あっつぅ間に30kなくなる。このまま0当たりじゃ帰れない。よし24軒はっぴーに行ってみよう。その前に・・・お金下ろしてぇ。と〒を探す。見つからないまま店に着く。どうやら傍に〒局もある。車を入れて歩いてATMに。さていくら下ろそうか?迷って3万5千円。時は昼近く。朝も食べなかったし、いかにもまずそうだけど、あのラーメン屋でたべてこうか?と全く知らない店の暖簾をくぐる。店内は昔ながらのラーメン屋。うすっぺらいテーブルに安モンの椅子4脚のテーブル二個。カウンターはカギの字に10席くらい。醤油を注文。福山まさはるインタビューをおっさん雑誌で読む。ラーメン出てくる。結果、意外にも野菜の甘みと鶏ガラ豚骨がマイルドに入り混じり旨かった!らっきー。私の隣に来たおじいさんが「何にされますか?」注文を聞かれて、「何にする?」と逆に聞き返していて思わず笑った。

入店。哲也の中でただ一台の空席。200回転。ハンドル固定はミスドのカードをカットして折り曲げた奴だったのだが、それを忘れたのでハンズのカードをピック型に切った奴。4kで天道虫柄の服、天道虫柄の牌。点棒堕ちてきて赤哲也フラッシュ。しかしギリ師リーチ。一抹の不安があったが当たり!」そっから20連。「敗北」と出てからの復活がかっこいいのだ。「河を見てみろ!流し満貫だ」とか、ツバメ返しとか。そこで素直に22000発持ち帰りすれば5万かったのに、粘って粘って3万ちょい勝ちで帰る。ツタヤレンタル申し込もうかなぁ。哲也読んでみたい。。

6時に帰ったのに夫はすでに帰宅。なんか食べに行こう、というが、すでに飲み始めていて面倒くさそうだったので、買い物に出た。すぐに食べられるものを買おうと思っていたが、結局鍋の材料を買って火鍋に。ケンミンショー見つつ、「青森県民はサメ頭を食う。しかも一匹分138円」見て突っ込みいれつつ飲む。辛い→甘い→辛い→甘いのるーぷに入る。あまり玉のポッキー。夫が買ってきていたドーナツなど平らげる。年末繁忙他で2キロ落ちてる!って昨日喜んだのに寝る前に計ったら戻っていた。まぁビール2本となんだか飲んで酔っ払った。


ひまわりっ ?健一レジェンド?(1) (モーニングKC)

ひまわりっ ?健一レジェンド?(1) (モーニングKC)