■  日  日  夜  夜  ■

                      タワゴトです。

男は「粥!風呂!寝る!」



▼11/2〜11/3

9時間勤務の日。休み明けにしては少なめの要配。予報では雪だったし朝もうっすら積もってはいたが、時折降る程度。余り時間は古い転居者の朽ちかけたノート転記作業。目がっ、目がっ、目がっ!ってくっらいメガ疲れる。ギ眼と、しんどひ。

仕事後は、T区の父の病院へ。道は乾いていた。

病院に着くと、食べ終わった夕飯のお膳が残っていた。半分ほどしか食べていない。父はガーガー眠っている。あれこれ検査があった模様。

目が覚めたところで何で食べないの?というと。口パクで(うまくない・・・)って。贅沢ものめ。着替え。いつものように水枕とタオルを取り替える。トイレに付いていったが、どうしても下着や病院用寝衣を汚してしまう。点滴を引きずっていき手が片手だからか、あるいは歩くのが遅くてギリギリで間に合わないのか。何か良い方法はないものか。

あんなにお洒落で、鏡を見てきっちり髪を梳かしていた人が、ひげもボーボー。髪はぐしゃぐしゃ。

看護士さんに聴くと検査結果は休みが明けてからになるとのこと。

考えると明日は休みだ。そして真ん中の姉が明日は来るという。なら、家に帰らずK町に行って、明日も一緒に病院に来ようか、と思いつき夫に打診。

OKが出たので「泊まらせてもらうかも」と、長姉にメール。「えっ!病院に?」とか、ちんぷんかんぷん。凄い雪だからね。と、釘を刺される。

キロロを通る新しい道を行く。

途中からスッカリアイスバーン。そして、その長いながーいグニャグニャを超えたら、完璧なる冬景色。その木々のうつくしさときたらっ!でも、それどころじゃないのだ。怖いのだ。一年ぶりの冬道走行。

数十キロの間、信号は、たったの一箇所。凄いことだ。いやぁ、夏になったら、一日がかりでもいいからスクターで来てみよう。本当に、いい道だ。そうだペーパードライバー教室に通っているYさんにもオススメしよう。札幌・小樽・キロロドライブ。

▼11/3

車庫前の雪かきをし、姉の都合に合わせ10時近くに出る。11時半、病院近くに着き、梅干・つくだ煮・刺身等、それと私の仕事用滑らない靴など、買い物。

うかうかしてたら十二時過ぎてしまった。

昼食、父の髭剃り、着替えなどする。ひげを剃ったら少しは元気に見える。くたくたのシャツを着てる人が、アイロン当てて糊の利いたシャツを着たみたいにパリッとなった。

4時からお風呂にも入れてくださると言うことでヨカッた。寝るから帰れといわれる。

で、姉と、ともに勝負。慶次櫻擬似連二回プラスたらいに風魔小太郎。そんでキセル。そして金襖。4kでキターッ。七連。風呂。シンガリ落ち。しかしセグランプは当たり。三度セグが変わり、三度目にはずれ。姉に二度一箱弱の玉をやり、自分も一箱飲ませて2箱交換。16400円。

エヴァ7回当たり146回転台へ。残りカードなくなりそうになったとこで、カウントダウン発生。熱いよ熱いよー。出川のように思っていたら、2ながらキマシタ。初号機チャンスで昇格。そっから、来るわ来るわ。通常回転時、画面にチャンスボタンマーク出て押したらキュイン♪そしてインパクトフラッシュ突発。とか、格納庫とか、下段2リーチとか、確濃厚のFLY ME TO THE MOONとか、やります僕が乗りますとか、脳汁演出多数。その後も姉に2箱やり、14連して切れて、上皿半端なくなるな、ってとこで止めようとしたらなんでもないリーチから突発きたり、58400交換。健闘。疲れた。

姉に深夜食堂4巻を貸す。


深夜食堂 4 (ビッグコミックススペシャル)

深夜食堂 4 (ビッグコミックススペシャル)