■ 日 日 夜 夜 ■

 日々のタワゴト                  

苔的ジワリジワリ生活

カメムシ仲間と還暦祝旅の第一弾。三年間月に五千円ずつ積立てをしてきたのだが、メンバーの半分は介護中の身であり、全員が三、四日の日にちを繰り合わせるのは難しそうな現実。なので生き急ぐ(w)私が「行こ行こすぐ行こ」と強引に近場のやや高級な温泉♨️に決めてしまった。私たちの出身校の校門前で写真撮影。校舎は当時工事中で面影もない。あの辺が学食だったよね。天たま130円だったよね。などとビューーンと40年前に時間旅行だ。

「××ちゃんさー、おウチでミルクセーキを作ってくれたんだよねー。私びっくりしちゃった。家で作れるものなんだ!って。」

初耳!全くもって覚えていない。

宿では赤パンツ贈呈。代わる代わる赤いちゃんちゃんこ着用など爆笑に次ぐ爆笑。食事も美味しく、仲居さんも楽しい方で本当に良い会だった。

またしても生き急ぐ私が次回泊まりがけは2月と確約を取り付ける。日帰り忘年会も、と約束。帰りがけには我が家の納骨堂にも立ち寄り「今しばらくこの人達と遊ばせといてね!」と仏様たちを脅す私。

☆ ★ ☆ ★ ☆

夫が登山のついでに帰省することになり、娘の暮らしぶりも覗いてみたいし私も顔を出すことにした。

念願の夏の文学教室に一日だけ参加してみる。楽しみだ!さてさて…。

その件で沼田のお母さんとお父さんと電話で話す。夫は3日に行き私は4日に一泊だけする。

義母はコレが覚えられない。三回同じ説明をした、、、。悪いんねえ。なんでも、すぐ忘れてしまって。と、言われたら、あーねー。なんもなんもと、(合っているかは分からない)群馬弁と北海道ミックス弁で応えるしかないのだ。

母の命日にお詣り。iPhoneでお経を流しながら線香をあげる。その読経が亡くなった御住職によく似ていてそんな話題になった。目力のある低音が魅力の二枚目だった。

ついこないだカメムシ仲間達と天井画を見がてらきたばかりなのだが。

姉とニセコの雑貨屋を見る。地元の者は観光地に疎く、姉も始めてきた、と喜んで見ていた。そして、いいから、と言うのに、私に何か買ってくれると言う。

それでガラス細工の子ガメと手拭いを買ってもらった。高価ではないがうれしいものだ。

万引き家族の話題で大いに盛り上がった。

樹木希林の球を盗む場面!」爆!

安藤さくら安藤さくら、って言うけど、あの中では凛ちゃんが一番良かったんでない?と言う姉に、イヤイヤイヤ。と。百円の恋も観るよに言った。