■  日  日  夜  夜  ■

    日々のタワゴト                  タワゴトです。

遍路2015 1日目霊山寺から安楽寺

▼3/8  日曜日

四国に因んで読み始めた子規の世界。俳句的ココロで遍路を楽しみたい、と思うもののイカンセン素養がない。



 

直前にツイッターで「次のお寺では安産を祈ります」と言ったからなのか?(まさか)極楽寺には、安産大師の像があった!これこれこういう方がいて祈願する、と言ったら娘も(じゃあ私も祈らせて貰う)と神妙な顔で手を合わせる。

f:id:okkachan:20150309034549j:plain 



 

徐々にお腹が空き、二人でうどん屋うどん屋とうわ言のように言っていたら、遍路道にうどん屋さん出現。

萌月さん  うどん500円、おにぎり100円也。食べ終え店外に出ると可愛い猫さん。お店に飾られていた写真の猫さん。大人しく私たちに触らせてくれる。食欲も猫欲も満足して出発。

f:id:okkachan:20150312223851j:plain

四番大日寺、五番奥の院五百羅漢、五番地蔵寺と歩みを進める。次第に足が痛み出す。練習、精進が足りなかったか。

   

託された故人の御朱印帳にも書いていただく。

洗濯をしてお風呂。温泉山安楽寺であるからには温泉!団体さん到着前に入れて良かった。

6時から夕飯。

f:id:okkachan:20150309035922j:plain

夕飯後七時よりお勤め。

備えてタイツやパーカーを着て行ったが、それでも冷える。くす供養の準備。弔いたい仏の戒名命日を書き込む。納め札を書く、勤行をし、お話を伺う。更に宗派を超えた釈迦の弟子たちが集う絵を見たり、弘法大師の筆による文字の刻まれたものなど拝見。真言を唱え、護摩木を焚き、釈迦如来像の周りを南無阿弥陀南無阿弥陀と三周して、お勤めは終わった。新しい仏の霊が慰撫出来たならうれしい。  

f:id:okkachan:20150309041401j:plainf:id:okkachan:20150309041345j:plain