読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

■  日  日  夜  夜  ■

                      タワゴトです。

《遍路25日目》ビジネスホテルパール~41番龍光寺~42番仏木寺~43番明石寺~ビジネスホテル松屋

 

▼1/27   月曜日

 
板さんスタイルのご主人に昨日の交差点まで送って戴く。信号待ちでめんこい生足中学生女子に遭遇。短くニコニコ会話。行ってらっしゃい!と別れ、それぞれの方向に進路を取る。爽やかな朝の始まり。
 
地図を見ながら、龍光院前へ。こうやくんの写真を撮っていたら、鼻水垂らした小父さん登場。写真を撮っていただく。また笑顔が行ったり来たり。
 

f:id:okkachan:20140128032047j:plain

 
街中の小路を通る遍路道。へんろ道シールと地図を見比べながら。これも案外楽しい。
 
f:id:okkachan:20140127233749j:plain何度も見た気になる看板。
 
f:id:okkachan:20140128033211j:plainホウロウ看板。編み機!
 
どんどん進んで、そろそろ何処かに休憩できるところはないかないかなもし。と、歩いていたら遍路宿前にベンチ。そう。椅子一つで私たち歩き遍路は安らげる。四国の皆々様いらない椅子を外に置いてみてみて。
 
上着を脱ぎ荷物を入れ替える。そこに宿の御主人。寒いですねー。と言われても…なんも。北国の痛いような寒さに比べたら、爽やかとしか思えない。これから越える峠のことなど伺う。なんせ急だ!とのこと。
 
 
スタートから15km位で、龍光寺手前。猫をかまってたら、散歩のご夫婦に「こっちの道をまっすぐ行くと早いよ」と教わる。歩いて歩いて登って到着!鐘楼の鐘を突く。
 
f:id:okkachan:20140128032257j:plain
 
そして本堂、大師堂とお詣り。ここも本堂改修中で御本尊は大師堂におわしましたので、大師堂だけど、真言付きの参詣。納経所は住職らしき方。むっつりと言葉なし。ひとこと労いがあると全然違うのになぁ。
 
 
仏木寺へは駐車場からの階段を抜けた山路。杉木立の中を進む。土が足裏に優しい。
 
約3キロで、42番仏木寺。ここの御本尊は、もともと弘法大師の手による木彫だったらしい。作り変えた時に、空海の手彫りの一部を納めたという。新しいご本尊も日本最古の手彫り本尊とのこと。
 
f:id:okkachan:20140128032728j:plain
 
お詣りをしに山門で手を合わせていると、上から写真を撮られた。ご夫婦で車遍路の方。何枚か立派なカメラで撮ってくださった、名刺替わりの納め札を差し上げると、写真を送ると言って下さった。にこやかに、どうぞお気をつけての言葉を残し去られた。
 
ここの鐘楼は珍しい茅葺。
 
納経所の品の良いお婆様と今から43まで行けますかね?とお話。「三時間くらいですよ。頑張ればダイジョウブ、でも下りが大変ね」とおっしゃる。後ろに目があれば後ろ向きに降りたい、と言うとコロコロ笑って「アブナイ!」って言う。山路で、それはしませんて。ともかく、がんばってみることにした。
 
門前の小屋で、地図の確認。
 
なんとか五時前につけそうかも。張り切って山路入り口へ。
 
f:id:okkachan:20140128032941j:plain
 
恐ろしく急だ !看板を信じて突き進む。途中には鎖場!息も絶え絶えに登る。きっつ!が、肺や心臓は忙しそうだが、足はアスファルトよりも却って悦んでおるのだ。苦しいけど気持ち良い。フィトンチッドのせいかな。やたらめったら、ありがとーありがとーと、言う。空がキレイ?空気が綺麗。枝の向こうの山並みも綺麗。ヤバイ。宗教めいてきた。(違!最初から宗教。)今日の声に出して叫びたい日本語大賞。
 
ココまで書いて、かなりの眠さに襲われている。だが、洗濯ものを受け取って寝なくては起こされる羽目になる。もう少しガンバロ。
 
耳からは午後マリ。永六輔ゲストの回の再放送。
 
近いうちに、この方も鬼籍に入られるのだろう。筋の通った頑固爺さん。貴重だ。
 
山路を登り始めてから飲み物を持っていないことに気付く。カラカラだ。やっとの思いで、峠を下り、自販機を見つけ小躍りしたが、小銭なし。千円札もなし。お店なし。ジッと我慢の子であった。
 
そこから、明石寺まで6km。時刻は14:43。一時間半で行けるか?行くしかない。納経出来なけば、引き返してお詣りを済ませて出発になってしまう。速歩で歩き続け四時半前に到着できた。やったー*(^o^)/*
 
納経していたら青年が山門を入って来た。お詣りせず、いきなり納経所だ。むむむ。
 
まあ、八十八ケ所巡りも人それぞれだから。
 
途中電話した老舗へんろ宿(江戸時代から受け継がれた糠床で漬けた漬物が自慢。鯛の漬けご飯も。昔の文人、政治家の直筆額も多々。)は改修中で別館に素泊まりになってしまった。
 
宿への道もお散歩奥様が教えて下さった。一旦宿に着いたら絶対出たくないし、早いけど食べて帰ることにした。ジョイフルという北海道では見たことないファミレスへ。
 
宿では、お洗濯接待を受け、白衣にアイロンかかてるし、パンツ畳んであるし。こっぱずかしい!
 
本日の歩行
 
51489歩    30.89km  425分