■  日  日  夜  夜  ■

                      タワゴトです。

▼11/12 水



病状や今後の治療についての話を聞きに病院へ。

ある程度は覚悟していたものの、すでに肝臓にも多数の病巣があり、根治的治療は難しいとのこと。

正直、最初は、そんな簡単に諦めないでよ。と、ある種の怒りが沸いてきたけれど、冷静に考えるとむべなるかな、という結論なので、あとはお任せするよりない。

一年くらいは大丈夫ということ。

父は、呆然として涙ぐんでいた。

とりあえずは明日人工肛門の手術。うまくゆけば、ものが食べられるようになるとのこと。

手術は夕方からになるらしいので、仕事後病院へ直行することに。

消化器科のセンセイに話を聴き、次は手術について外科の担当医の話を聞き、最後に麻酔科の医師に、手術の麻酔について詳しく話を伺う。完璧なインフォームドコンセント

ショックではあったけれど「泣く」ということはなかった。

しかし、帰り道に、すぐ上の姉からメールが来て、

「けど一年が五年になるかもしれないし、できるだけのことは、みんなで力を合わせてやりたいね。じいちゃんのためにもさ・・・。」

という文面を読んで、悲しみが込み上げてきて、とうとう運転しながら泣いてしまった。

*****

色々ご心配いただいてメールなど下さったみなさん、お心遣いありがとうございます。

直接は、お返事しませんが、なんとかしてやれることはして、がんばろうと思います。

広告を非表示にする