■  日  日  夜  夜  ■

    日々のタワゴト                  タワゴトです。

パンツ一丁でたたみにゴロ寝ビール



f:id:okkachan:20070616042241j:image:right▼6/14 〜6/15

なんだかシランが、またもやPCがストライキ。死ぬほどノロマになってしまった。昨日、早朝に手書き日記を載せようといろいろ試したのが原因か。結局はボツ。

圧倒的な暑さの中労働。脚が浮腫んでいるのが感じられる。以前ナニカで読んだが、生理中は躯に水分を溜め込むように、そーゆー風にできているもんらしい。タメルナー!消費しろ。そんなわけで、太い足に靴下のゴム縦縞を肉にレリーフしつつ仕事。労働時間のウチ6割は立っている。3割は配っている。一割は、歩いている。そんな感じ。(いっそ解けて流れて蒸発してお空の一部になっちゃいたいテンテンテン)と、心中で独白。

たかのてるこの『ガンジス河でバタフライ』が宮藤官九郎脚本でテレビ化されるらしい。主演:長澤まさみで。この女優さん大変美しいとは思うのだが、なんだか「ナニカを怖がっている」感じがする。もっとヒトを信じてドーンと、さらけ出して欲しい。ものすごく、勝手な見方だとは思うけど。。倉本ドラマ「優しい時間」での印象のせいであろうか。ともかく、たかのてるこの面白さが違うところから見られたら嬉しい。メ?テレ開局45周年記念ドラマスペシャル「ガンジス河でバタフライ」 - 名古屋テレビ【メ?テレ】

夫が3時起き。雨がザーザー降ってきて、三角定規にヒビいったので。送って行こうかと起きる。結局、自転車で出掛けていった。目が覚めてしまったので日記を手書きしたりスキャンしたりしているうちに娘が起きてきた。弁当を作り始める。雨なのでクルマ。

ヘロヘロで仕事。昼休み食後爆睡。

午後の配達に出ると、こども御輿(札幌祭)の長い長い行列にぶち当たってしまう。かろうじて、列の切れ目から配達先に入れたが。

「わっしょい。わっしょい。」

マイクで「元気がないぞー。もっと大きく」

「わっしょい!!わっしょい!!」

などという声を聞きながらスタン、スタンとU便ブツを入れてゆく。最後に、こどもちゃれんじを、9階に運ぶ。老夫婦と一緒にエレベーターに乗る。「行列は終わりましたか」「ええ」「いいですねぇ、こどもの声って」「どうも御苦労様です」と、談笑。

仕事後、娘らが父の日用に買ったGパンのサイズ変更につきあう。夕飯は冷やし中華ごまだれ。

麦酒500×2。

『大相撲をめぐる仁義なき女の闘い』了。夢で、著者が力士となり小錦と取り組みを擦るクダリ大いに楽しむ。ほんと、すばらしい。タクシーの運転手さんに安芸ノ嶋のどこが好きか、長々と弁舌をふるって、そのイキオイでギクッとさせ、最終的には止むことのない大笑いをさせたとこも天晴れで、なんだかジワッと感動さえした。

このところ圧倒的な暑さが続いていたが、ひと雨来て、やっと平年の六月並みの気温になった。

写真は娘が小樽で買ってきたちっちゃなカエル。パンツ一丁でたたみにゴロ寝ビールたぁうらやましいじゃねぇか。涼しげじゃねぇか。こんちくしょう。ガンジス河でバタフライ (幻冬舎文庫)