■  日  日  夜  夜  ■

                      タワゴトです。

黒い犬の足は全部で16本




ハヅキさんのこと

ハヅキさんのこと

▼5/・・・はて?何日のことまで書いたのであったか。

まあ良い。5/5午前は、某所の網戸とガラス磨き。おそろしく汚かった。

午後は、駅側のVにて勝負!10kでなんだったろう?ミッション完遂かなんかで当たり。確変ワンセットだったが、160回転位で、再び当たり。そして単発終了。が、110回転で、「予告」でて三つの力で、またまた当たり。そこから快調に連荘が続いて8箱に。ここで切れて、そろそろ辞めるが賢明・・・と、思うも待ち合わせには、まだ早い。一時間近くアル。では、後一箱。と、始めるがパッタリと回転しなくなって焦る。そして・・・それもなくなり、もう一箱。。。そこでイイ時間になって終了。結果43k換金。ジャンプアップ予告でアスカがいつもは言わない台詞「ok?行くわよ」と、言って当たったのが珍しい演出だったか。「2000年南極」とか、格納庫また見たいなぁ。

O通り地下鉄ホームが待ち合わせ場所だったのだが、丁度私の向い側改札から待ち人も入場。おーい!と、呼ぶ。が、「ん?」という表情はあったものの気付いてはもらえず。

そして東京からはるばるO泉芝居の観劇感激にやってきたSさんを囲み5人でジンギスカン屋へ。噂のジンギスカンは、たいそう美味しい肉とタレであった。少なくとも、一人2人前は食べたしビールも3杯は飲んだ。梅割りも飲んだ。おにぎりも食べた。なのに払ったのは一人頭2100円。どう考えても安すぎないか。おっちゃん計算間違ったろう?

その後は、黒らう゛4頭のいる犬酒場へ。思う存分撫でくりまわし大変満足だった。馬刺もうまかったなぁ。。。さんざん酔っていたが、得意の奇行に走ることもなくH田さんちにお邪魔する。そして、ひとしきり眠る。完璧な幹事から完璧な介護人に成り上がったH田さんにとてもおいしいお土産をいただく。ほんっと、この子と一緒になるひとは間違いなく幸せになると思う。経済観念度・気配り度・片付け得意度・もち肌度・色彩こだわり度あらゆる面できっちり勝負してくれる。

考えてみるとSさんと、あんまししゃべってない〜。もったいない〜。申し訳ない〜。相撲浮世絵ブックカバーやお菓子までいただいたのに。。と思ったが翌日は黄金週間唯一の夫と出かける日なのであった。

本:川上弘美ハヅキさんのこと』10枚程度の掌編ばかりを集めたつくり。前半部分は明らかに小説だったのだが、いつのまにか「コレ絶対現実の話だ」というのが増えてきて、どうなんだろな・・・と思いながら心地よく読む。この人の文章に流れる「ゆったりもったり」な時間の流れが素敵。絶対にセカセカとかイライラとかしないのが好もしい。同僚教師と飲んだくれてラブホテルに泊まっていた話、真実のエピソードと思う。

▼5/6