■ 日 日 夜 夜 ■

 日々のタワゴト                  

<ごう‐ゆう【豪遊】ガウイウ>p.826後編



御簾の向こうには、森本レオ奈良岡朋子・須摩智子(AirGパーソナリティ)・高倉健が控えている。

(ちゅうちゅうたこかいな。今日は10冊の候補からこの本を選ぼう。)

よし、高倉健の声で木下順一の『湯灌師』(河出書房)を読んでもらおう。死体の湯灌をする話には健さんの強くて静かで抑制された声がぴったりだ。

「高倉さん、この本を朗読お願いいたします」

「そ、それが面目ありません。かぜひいてしまいまして、参ってます」

「そうですか。やむを得ません。沖縄・西表あたりでひたすら眠ることです。できたら3週間くらい、眠りつづけて、脳みそを完全にとかせれば風邪も退散するでしょう」

「お気遣い痛み入ります。次のおりには命を張って読ませていただきます」「まぁまぁ・・・」

では、どうしよう。須摩智子のセクシーボイスで『現役ソープ嬢舞子のウサ晴らし バブルの逆襲』(ビジネス社)を読んでもらおうか。

「では須摩さん、これを」

「おかげ様で、出向いてまいりました甲斐があります。べっくらですが、ソープ嬢舞子さんのつもりで読ませていただきます。じっくりお酒を飲んでお聴きくださいませ。では・・・『私の仕事は、見ず知らずの男性とセックスをすること。吉原の・・・』」

素晴らしい声だ。知性と落ち着きのある少し湿り気のある声。

しかし、Hなんて話に聞くのではなく、お下劣だけど「するもーんだ、やるもんだ、見るもんじゃない」。しかし、18歳の女の子のおっぱい全体と、けけけのけしごむに毛が生えたら、いつでもご遠慮なくお知らせください。でもそれってやっぱり放送禁止のニュースかしら。東京オリンピックのあべべの足跡ペタペタが大ニュースになるんだから、消しゴムの毛もニュースになってよいと思う。でも、その毛ハゲたらいいね。ちょっとカワイソウだし。

ナイトキャップ(寝酒)にはブランデーをホンの少し。ブランデーは、人肌に温めた方が旨い。誰かに口移ししてもらおうか・・・。いろいろ考えたが適切な人物が思い浮かばない。とりあえず伊藤英明にしておこう。

わたしは田舎で蚊帳に寝転んだことを想起する。

じっちゃとばっちゃの言うとおり、大人しく寝てもトラブルは発生した。蚊帳で蚊は防げたが畳に潜む蚤に、かまれることは防ぎようがなかった。・・・。

おまたせしました、やっと眠気が差してきました。ねんねのねんねのねーずーみーとーりっです。あしたのあさはカレーをお願いします。ひるめしのもんだいはおまかせします。酔っぱらいのたわごとですがよろしくお願いします。

 

そして、わたしは夢を見る。お洒落なデザインのかわいらしいお家に

「おじゃまいたします。遊びに来ました」と入っていった。

そこには、ひとりむすめとやるせない顔の坊さんがいました。わたしは二人と近いのにタクシーを奮発し、お初天神で凧揚げをしました。気持ちよくて、大ちゃんの唄を口ずさんでいました。こういう夢って、願望と関係あるのかなあ。

完了

P.S.今までの掲示板からすべて一言ずつ取ってみました。