■  日  日  夜  夜  ■

    日々のタワゴト                  タワゴトです。

《遍路41日目》瀬戸内荘~79番高照院~国分寺~白峯寺~82番根香寺~巡彩庵

巡る

▼3/8 土曜日

確かに道標に従った筈なのに、どうもホテルを出るなり違う方向に向かってしまったらしい。焦る。コンビニで道を尋ね軌道修正。

09:50 79番札所 高照院に到着。

遅れを取り戻すべく必死で歩く。11号線と33号が合流する辺りで、やたらに長い200字位の文章の説明看板があった。何も頭に入って来ない。あれは図を併用して欲しいものだ。

10:30過ぎ手打ちうどん山下の看板が見えて、寄るべきか否か逡巡。ちょうどトイレに行きたいこともあって、一旦は(寄る!)に傾いた。が、近寄るとやたらに車が止まり人がゾロゾロ出入りしておる。ザワザワしたところに入る気がしなくてスルー。これが失敗。

11:17国分寺到着。門を入ってゆくと、A夫妻にバッタリ。雲辺寺からの下りで奥さんが右足の指先が豆だらけになってしまったとそうだ。今回は83番までの予定で明日の夜のJRで神奈川に帰るので、時間が余っているようだ。今夜は白峯寺に程近いかんぽの宿泊とのこと。しばし歓談。

御参りを済ませて、門前の看板に従い車道中心に進む。ココに来て食糧もタバコもないと気付く。龍角散のど飴だけ。

Twitterで陰膳要請。六花亭おはぎ、エビフライ、コロッケ、ラーメンサラダ、寿司とビール、特大どら焼き、リンゴとヨーグルトなど。お陰で腹が減らなかった。だが、陰煙草は依頼しなかったので、タバコが吸いたくて堪らない。遍路道にあるベンチでは、ついついシケモクでも…と周辺の落ち葉を杖で掻き回す始末。

思ったよりぬかるんでいる。

やっと14:04白峰寺到着。また階段。猫みくじ購入。納経のとき、遍路道はグチャグチャかと、車道と遍路道はどちらが良いか伺うと「僕なら迷わず遍路道」と聞き、素直に遍路道。

ココから82への5kmは下りと思い込んでいたが、普通に登山だった。久々に土曜ホットたいむの川柳が聴けた。夕刊を配りながら聴いていたのが思い起こされる。緩斜面で小林明の「熱き心に」がかかり、誰にも迷惑のかからぬ山の中をいいことに、朗々と歌う。気持ちが良い。

北国の旅の空
流れる雲はるか
時に 人恋しく

熱き心に 時よもどれ
なつかしい想い つれてもどれよ

夢追い人 ひとり
風の姿に似て

学校に勤めていた頃、合唱コンクールで、この曲を3年2組が歌っていたことなどがヨギる。

思ったより道も乾き加減だったし、スムーズに進めた。

最後の最後の舗装路に出たところで商店発見。タバコ、ビール、チョコ調達。

16:23今日最後の寺、根香寺(ねごろじ)に着けた。良かった。

お参りして納経する時に「うしおに」と書かれた面白い手ぬぐいがあったので購入。

f:id:okkachan:20140326222402j:plain

巡彩庵さんに電話して迎えをお願いする。

サバサバした女将さん。部屋風呂に入り、美味しく料理をいただく。

食後テレビを見ているうちに眠っていた。

11:00前目を覚ます。

四国めぐりパンフをみながら、のべ何日目なのか書いてみた。43日目。88で終えるなら、あと二日。一番まで行くなら三日位かかる。ここまで来たか。

猫みくじを見ていないことを思い出し開いてみた。めちゃめちゃ良いことだらけ。

わがおもう
港も近く
なりにけり
ふくや
追い手の
かぜの
まにまに

災 自ずから去り福徳集まり誠に平地をゆくが如く追手の風に舟の進むが如く目上の人の助けをうけて喜び事があります …

40124歩
30.4km
6:32分