読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

■  日  日  夜  夜  ■

                      タワゴトです。

《遍路19日目》民宿たかはま~トンネル手前~清水川荘  一軒宿

▼1/21  何曜日だっけ

 

今日の宿が決まらぬまま目覚める。どうしても宿がなかったら電話して。迎えに行ってあげるから。と、おっちゃんは言ったが、幾ら何でもそれは悪過ぎる。避けたい。

 

5:00覚醒 布団でグズグズ。

5:45起床

6:00朝食 何故か近所のおじいさんとおばあさんも食べてた。猫と戯れ噛まれる。

7:00出発 おっちゃんの車で。

7:03  昨日のトンネルの手前から歩き始める。点滅腕章大活躍。

 

宿の前を通り過ぎる。バイバイきかんぼクロちゃん。バイバイ優しいおじちゃん。バイバイ尻に敷いてたおばちゃん。

 

しばらく行くと小学生男女二人組に遭遇。女の子に「がんばってクダサイ!」と言われる。「ありがとう!」威勢良く応える。

 

数分後、またしても男女二人組小学生。今度はふたりで「おはようございます!」「おはよう!いってらっしゃい!」「行ってきます!」なんと素敵な子どもたち。オリンピックで「オ・モ・テ・ナ・シ」する偉い人よ、四国に来なさい!四国の小学生に学びたまえ。器とか、設備とかぢゃないのよ。

 

 

今日も海に昇る朝陽を拝めるシアワセ。

 

どんどん歩き続け、鯨の絵がついた遍路小屋でしばしの休憩。ラジオで、津田大介のすっぴんを聴いていた。

 

そして、この標識。なんという駅名か!

 f:id:okkachan:20140121225600j:plain

更に進むと国道から分岐する遍路道があるので、そこで曲がる。だって国道には歩道がない。路側帯も超狭い。

 

歩くにつれ、どうも結構な遠回りに思える。ショートカットして国道に戻るべ。そう思って選んだ道が、まさかの行き止まり。(ったくお前という奴は…)ココロでボヤく。工事のおじさんに確認して、正しい道に軌道修正。

 

またロスタイムなり。

 

その後は、我ながらしっかり歩けた。きっと昨日の宿の人の(おばちゃんには、ここまで来るなんて無理無理)と言わんばかりの態度に対抗心を燃やしているわけだ。 

家田式で極力休まないで、お昼も食べながら歩こうと、焼き鳥と細巻きを購入。

 

食べながら歩いてみるテスト。イケる!

 

お昼のサイレンが激しく鳴って、四万十川に突き当たった。休憩小屋から宿候補に電話してみる。一軒は繋がったが断られ、一軒は不在。。。そこから川沿いを進んでゆくと、屋形船が見えた。

 

いいないいなぁ。

 

そして四万十大橋を渡る。ものすごい風。ジャンパーのフードも被って、身を固くする。

 

渡り切って歩いていると、後ろから声がして、コッチだよ!向こう歩道ないから。と自転車小父さん。しばらくの間、伴走してくれた。エロい人!四国へ来たまいよ!

川につかってたくさんの人が 何かしている。ああ、きっとこれがアオサという海苔漁だ。何年も以前、椎名ファンサイトで知り合ったみかりんさんに、自分が採ったものです。と、頂いたことを思い出す。香り良くて美味しかったな。あの中に、みかりんいないかな。

道は険しい山と山の間をグニャグニャコースになった。車は通るが歩行者ゼロ。俺等は〜宿無し〜〜!俺等は〜宿無し〜〜!と歌っていたら、小さな看板発見!清水荘0880⚪︎×△・・・と。宿だ宿だ。即刻電話してみる。繋がったー!泊まれるってったー。歩き終わったら迎えに来てくれるってったー。良しっ!安心して、歩きに気合が入った。長ーいトンネルも平気平気。たったかたったかたったかたー!ノンタンみたいに元気に歩いた。

 

スタスタ歩く。痛くない痛くない。麻痺させて歩き続ければ、痛くない痛くない。と、自己暗示。そして、とうとう目標の地点コンビニ、スリーエフ前トーチャコー。向かいの郵便局でお金をおろし、ビールとオヤツ購入。外に出て電話。30分かかりますので、ベンチで待ってて下さいね。って。え?料理してる?今から仕入れに行く?しばらくベンチに座っていたが寒いので、中に入って、雑誌見たり、トイレ行ったり、本見たり。したら来た。車に乗ると、おじさんは「あ。ちょっと待ってて。と言って買い物をしてる様子。数分してお弁当が入ってるっぽい袋をぶら下げて出てきた。・・・・・・。どうか、それが私の夕飯でありませんように。と祈った。

 

おじさんが車に乗りました。ドンドン私が来た道を戻って行きます。途中で折れて綴れ織の道をブンブン走ります。世間話をします。頭の良さそうなおじいさんです。でも全然着きません。怖くなって来ました。おおよそ30分後、車は停まりました。そこは古い山小屋でした。おじさんが鍵を開けます。部屋に入ると、ひどく寒かったです。おじさんがバタバタなにかしています。

 

お風呂のお湯が溜まり、お風呂に入ったら夕飯食べて下さい。ワタシちょっと買い物行きますので。とオジサンは出て行きました。

 

恐る恐るお風呂の戸を開けます。木のお風呂です。脱衣所は区切られていません。

 こういうお風呂も悪くないよね。自分を鼓舞しながら入ります。浴衣を着て食堂に行きます。

 

夕飯はコレ!アレでした(ー_ー)

 f:id:okkachan:20140121222455j:plain

 

ご飯の蓋開ける前に、これでシロメシだったら泣いちゃうな…って思ったら、豚丼だったので許した。そもそも、電話した時点で、自分に言い聞かせていた。どんな宿でも文句はなしよ!とね。

 ※このお宿はKン直人様も宿泊されたお宿でございます。まさか、コンビニ弁当ではなかっただろうがね。

ベッドで壁に持たれ日記を書いていたら鼓動が激しくなり不安になった。姿勢を変えお茶を飲み、お経三回唱えたら段々と自然に戻って行った。

 

弱気なこと漏らしたらTwitterのみなさんが色々声をかけて下さり恐縮してしまった。ありがとう⁉︎心強かったです。

民宿たかはま発07:00

トンネル手前(灘)07:03発

  6.5km 1:16

浮津くじら遍路小屋 08:19-08:47

22分・41分

道の駅おおがた 09:54-10:16

 38分

上田の口 10:54-11:19

15分・6分

古津賀 11:44-12:01

47分

四万十川手前小屋 12:48-13:03

 1:30分

  24分

Move off

 6分

15:26-15:41

 58分

コンビニスリーエフ 16:39-17:35

 車27分

清水川荘 17:35

 

本日の歩行: 56732歩

      34.03km  

      452分