■  日  日  夜  夜  ■

    日々のタワゴト                  タワゴトです。

《遍路17日目》 柳家旅館~岩本寺 わんのぶ うぉーかーず

▼1/19

 

創業120年を超える遍路宿にて目覚め、美味しい鯵の開き等の朝食を戴き、暖かいお茶をペットボトルに入れて出発。

 

夕飯も美味しかったし、出過ぎず引込み過ぎずの女将さんのサービス。これで¥6500-は安い。ビールを頼んだら、大瓶しかないので…と、500の缶ビールを買ってきてくれた。ここでもロケしたという遍路ドラマ「ウォーカーズ」見たかったな。生憎VIDEOしか出ていない。

f:id:okkachan:20140119194142j:plain

こんな朝焼けを見ながら歩く。どんどん歩く。

 

そして、ふた通りの遍路道があったのだがトンネルを通る心算だった。なのに、いつの間にやら峠に向かう道に向かっていた。現在地がどの位元の道から外れているのか調べようとするがwifiがストライキ。手こずった。ココでかなりのロスタイム。勇気を以って800m引き返した。ってか横からシュッと入れた。ラッキー。

目的の焼坂トンネルをぬけた。反射テープタスキがトンネル両サイドに備え付けられていた。悪名高き歩道のないトンネルが改善されてありがたい。

 

そこから今度はソエミミズコースを避けて大坂峠コースへ。初めはなだらかに過ぎ、くらい遍路小屋の前の陽なたぼっこもきもちよかった。…が、その直後から激しい階段の連続で進むに連れて段差が激しくなるのだった。最後は股裂階段。杖がしなって高跳びしそうになった。

f:id:okkachan:20140120020855j:plain

そこを脱し、国道56号線に入る。しばし行くと少し外れる遍路道があるが、そこには行かず国道を進む。なぜならば、そこにうどん屋があるから。(小)を頼み、自分でトッピングネギ、昆布、あげ玉。そして、出汁。沢山かけると食べるのに時間がかかり、お腹もじゃぶじゃぶになるだろうと、被るくらいに。だが、食べ始めて後悔。上品な透明お出汁美味い。コーヒーをサービスでついて280円。ご馳走様!と出ようとして呼び止められる。そりゃそうだ。お金払ってなかったわ。店を出てからも、一人でブハハハ。と笑う。なんて奴だ。

うどん屋を出て14:00すぎ。テクテクと歩く。13.12.11と距離が減る。足の裏痛えな。思いながらも足を運ぶより他に方法もなし。途中、道の向こうからお婆さんに呼ばれる。コッチへ渡れ、と。そこから歩道が左側にしかないのだった。時計みいみい歩いて歩いて疲れ、歩道の横、ちょっとしたブロックに掛けて休んでいると、オジさんに話しかけられる。あと5km位ですかね?というと、そやね。ゆっくり行っても二時間で着くやろ。と。その時点で15:15。二時間かかっちゃあ困る。納経所は五時までだ。お詣り時間も考えたら四時半には着きたいところ。

立ち上がり、渾身の力とスピードで進む。まだかまだかまだか。道の駅にも物産センターにも寄らず、ただ進む。やっと42分位に到着。すでに片付けモードの中、へこへこ焦ってお詣り。

f:id:okkachan:20140120020942j:plain

宿坊に入る。ご飯がないので、早く買い物に出ろと言われるが、足が痛くておいそれとは動けぬ。昨日の墓参の件で来てた叔母のメールに返信し、やっと買い物に出る。

もう暗くなってきている。コンビニは幕の内が二個だけ。明日のカップ麺とおにぎりビールのみ買う。教えてもらった食堂兼喫茶店のようなお店へ。これが二階で、恨めしく階段を登る。ハヤシライス800円。お店が混雑してたせいか、もんのすごい大量のシャリシャリ玉ねぎだった。

戻ってきて、さっき見忘れた天井画を眺める。モンローが有名。

あとは、毎日の宿題の日記とお風呂洗濯。どこへ行っても注意の貼り紙ばかりで閉口する。かもいに物をかけないで下さい、お風呂の水は止めて出て下さい、電気は消して下さい、かけ湯をして入ってください、10時過ぎたら静かにして下さい、呼吸は1分に10回して下さい(ウソ)おまけに敷地内禁煙だあ?

 

明日は民宿たかはままでの28km。Googlemapの人は荷物しょってない180センチの人であることを忘れずにペース配分しよう。

54257歩 35km 430分