■  日  日  夜  夜  ■

    日々のタワゴト                  タワゴトです。

《遍路2日目》たとえ全てが空だとしても  7番十楽寺~11番藤井寺

▼11/28 水 7番十楽寺・8番熊谷寺・9番法輪寺・10番切幡寺・11番藤井寺

とにかく荷物重い。肩痛い!ということで、昨夜は着るものを極力送り返すことに。御勤め後、宅配便を頼めるか打診。送ってはもらえるということだったが、受け付け?のおばちゃんも箱を探したり、送り状探したり釣り銭を食堂に両替に行ったりですったもんだ。一個の荷物のために数十分費やす。でも、なんだか行ったり来たり待たされたりも可笑しかった。宿坊は現在改装中で、職人さんと思ったのは事務長?だかで住職の右腕のキレる人だったり。
 
お勤めで住職のお話にもあったが、かつては八十八ケ所のうち半分以上に宿坊があったのが現在は10箇所程度になってしまったとのこと。美しき楠供養など経験したので思うが、モロモロと文化が朽ちてゆく音がする。
 
早寝した。が、深夜「ン〜〜〜」って飛ぶ蚊に起こされる。ありえない。いや北ではありえないけど、ここではありえるんだ。窓際にベープマットがあって、夏の名残り?と思ったのが間違い。四時過ぎまで眠れず。六時前に起きて朝御飯。昨日も隣の席だった神戸からの単独歩き遍路Tさんと話しながら。メニューはガンモとフキの煮物。目玉焼きサラダ。昆布佃煮 、大豆、味噌仕立てソーメン味付け海苔など。粗食ながら美味しくいただきました。☆三つです!
 
今日は、七時過ぎに宿を出た。目指すは七番寺十楽寺
 
07:11---07:31徒歩20分にて到着。紅い鐘楼門をくぐると水子地蔵がワラワラと並んでいる。お参り作法をなぞるように遂行。お清め…本堂お参り(ろーそく、線香、納札、三拝、読経、真言(ここは本尊は阿弥陀如来なので真言はおん あみりた  ていせい から うん、を三回、南無大師遍照金剛)続いて大師堂…納経所で御朱印、御影を戴く。お経にもちょっとだけ慣れてきた。御影とは
 
f:id:okkachan:20131129022620j:plain
 
こんなの。毎日塗り絵をしようかとチビ絵の具パレット持ってきましたが送り返しました。…無理。
 
07:47---08:47  黙々と8番さん熊谷寺へ。
 
08:58--09:02ここで2番猫を構う。
09:09---09:43歩行。
9番法輪寺着。夫がワラジを触って見ている。買っちゃるかい?と、健脚祈願の草鞋購入。
 
f:id:okkachan:20131129024305j:plain
 
10:06---10:26…道端に接待所。お茶、チョコ、菓子等頂戴する。最後におじさまが楊枝のお大師さんを下さった。なんでも、とあるお遍路さんの手彫りだそうだ。

 

10:41---11:11
 
切幡寺手前、表装屋(御朱印や御影を掛け軸や衝立てにしてくれる)さんを通りかかった時、荷物預かりますよ!置いて行ってください。と、声を掛けて頂く。置かせてもらい、上へと333の階段を登る。
 

 
 
 
降りてきて、お茶などのお接待を受ける。どちらから?北海道です。四国どうですか?暖かくていいとこですね。柿はなってるし、ミカンはなってるし、花は咲いてるし…。なんていうと、じゃあ裏庭の柿を!と柿が出てくるシステム?
(いや。違うんです。柿は北の国でも売ってるんです。なってるのが綺麗で嬉しいだけです。)とも言えないので、ありがたく頂戴する。そこへ何度かお寺で見かけたおじさまが入って見える。話を聞けば札幌の方。遍路9回目の先達。話が弾む。どうも大企業を定年退職して10年くらいの方のようだ。濃いよ。非常に濃い人物だよ。おっか人物見極め論的には声がデカくて響く人は上に立つ人だ。気に入ると、とことん面倒みる。やや仙人化してきているこの方は以下仙人と呼ぶ。
 
明日は山だし週末に差し掛かるので夫が現金を下ろすと言って、郵便局発見。隣が町の本屋さん。本が恋しくて、つい入店。大半の本の背表紙色が褪せてる。品揃え少ない。困った。だが、詩の本が結構ある。ヨシ。と決め、おりんさん(石垣りん)の本を購入。
 
暫く行きうどん屋発見。憧れのウドンを食す。甘辛肉入り美味い。けど畑の真ん中のうどん屋にも行かなくちゃ。まあ、それは香川での宿題にしよう。
 
11番藤井寺をお参りして、旅館 Y野に到着。仙人も同宿。お風呂は交代制。そろそろ仙人も上がったろ、と、空室表示のドアを開けると、誰かの尻。ばかばかばか。夕飯時、仙人は熱燗をやりつつ方々のお宿の近況など熱弁を振るっておられる。やばい。私の疲れは極限。眠い。口挟まない。俺を一人にしろ!ほぼ、だんまりで部屋へ。
 
✳︎
 
真言、たとえば「おん まか きゃろにか そわか」や「おん ころころ せんだり まとうぎ そわか」という奴は意味が全く判らない。その不可思議さが面白い。
 
歩いても歩いても小舟のようにワタッシは、揺れて揺れながら、先を目指す。
 
猫がちょこちょこ顔を見せる。夫は黙々と歩く。
 
f:id:okkachan:20131129201221j:plain
 
風に揺れる草が美しいです。
 
f:id:okkachan:20131129201426j:plain
 
ワタクシハカミニシュクフクサレテイマス。ざわわ〜。
 
11/28  
 
安楽寺宿坊 出発 07:11
 1.0km
7番十楽寺 到着  07:31    07:47発
 4.2km
8番熊谷寺 到着 08:47 09:00発
 2.5km
9番法輪寺 到着 09:43  10:06発
 
 3.8km  表装屋寄り道
10番切幡寺 到着 11:21  11:46発
 10.0km  
11番藤井寺 到着 15:20
 
民宿吉野  到着 15:58 
 
 34375歩 累計  64867歩
     27.9km  累計 54.8㎞