■ 日 日 夜 夜 ■

 日々のタワゴト                  

なにを祈ろう

▼10/18 

 

夫も出勤日なのを忘れていた。今月から、退職を前に週一か週二の勤務になっているためお弁当は一人分…という頭になっておった。不覚。ご飯が一人前分しかないので、自分はお芋をふかしてご飯代わり。おかずは卵焼き、きんぴら、めんたいこ、シチューなど。

 

今シーズンのお仕事最終日。できたら一時間は早く行って、レンタル花卉のコースを一回りしたかったのだが、出遅れて6区のみ歩いて回った。寄せ植えの鉢が撤去されたお墓は、どこか違った顔で私を迎えた。帽子を取り、(お世話になりましたっ)の気持ちで黙礼してゆく。

加川良 祈り - YouTube

 

この職場に出会って良かった。仲間と思える方々との出逢いは大きかった。生来の流れ者気質で、ひとところに安住できない質だったけれど、もしかしてもしかすると、ここには永いことお世話になるのでは…という気がしている。まるで学生時代のような、涙あり、笑いありの濃い人間関係を持てたことは幸運だった。ボケボケキャラ炸裂で皆に笑われながら、助けられながら、勤務を終えられ感謝。

 

一日の仕事を終える帰宅の途は、一気に夕闇が押し寄せてくる。かかっていたのが加川良でセンチメンタルなもの悲しさに包まれてしまった。陸橋のところで携帯電話を構え、写真を撮っている男の子がいた。彼の視線の向こうに美しい満月があった。

 

 

帰宅すると、夫の職場に提出する書類に不備があり、週明けにまた職場に行かねばならぬことが判明した。散々別れを惜しんだ人たちに顔を見せるはめに。。。どよ~ん。

 

※ なお、11/4(月)に比羅夫のJAM cafe berにて加川良さんのLIVEがあります。また、お知らせさせていただきます。