■  日  日  夜  夜  ■

                      タワゴトです。

石工の定規と六分儀の子 神児?

▼4/9 月曜   

夫は今日も休み。このところ休みが多い。お弁当が要らないのは助かる。けれど、夫は何も悪くない。悪くないけどペースが乱れてしまうのだ。そして産休の娘も自宅と我が家を行ったり来たり。これまた、うれしいこととは言いつつ、色々乱される。

娘は家で仕事してるし、私には小銭が入った日だ。と思いスクーターにて遊技場へ行く。やっほー♪春だぜ!とバイクに乗り、調子にも乗り。郵便局で下してから行くつもりが、ルンルンしてるせいなのか直行してしまう。そして、キャッシュカードで遊戯カードを買おうとして残高が足りないと知る。顔にザザーっと縦線。

気を取り直してマッサージ椅子に座る。フリーメイソンと「ともだち」&「ゼーレ」の余波で浦澤直樹のモンスター。何巻まで読んだのだったかな…と考えながら5巻を手に取る。マッサージ器が、とても心地よい。ただ本を読んでいると腕と掌が揉んでもらえない。。モミのリズムに合わせて右手で本を持ったり左に持ち替えたり。

早々帰宅すると「アレー?早いね。二人分しか作ってないわー。作るかい?」と娘に言われるが卵かけ御飯にする。一口○ちゃん正麺とんこつ味ラーメンをもらう。この即席麺は麺が美味しい。

午後はダラダラDVDを見たり。

そういえば、一昨日見た是枝監督が撮ったCOCCOのドキュメント-大丈夫であるように-は、良かった。見ていて辛くなるほど真っ直ぐな良い子なのだ。懐かしい沖縄の話し言葉、人懐こい笑顔、折れそうな腕。基地の島で成長し、ツアーで青森に行けば六ヶ所村を訪ねて涙する。イルカにも、何千キロ彼方の人にも自分を重ねる。とにかく是枝ファミリーの録る世界には揺るぎない本当の事への渇望と静かな見守りがあるのだ。


新聞販売店に着くと霧雨から強い雨に!でも通り雨だった。

夕飯は、鶏の付け焼き・ピクルス(大根・人参・レンコン・きゅうり・トマト)・長芋のグラタンには再栽培した豆苗が伸び放題になっていたのをチョキチョキして入れた!床屋さんに行った小学生のようになった。チーズは切らしていたがグラタンは成功!美味しかった。ピクルスも美味しかったけれど、酢のとんがりが消えない。きっとワインビネガーなら、よりまろやかになるはず。今度試してみよう。