■  日  日  夜  夜  ■

                      タワゴトです。

おちんちんよ起て!

▼4/21〜4/22

夜更かしした。起きられっこないやと思っていたが7時には目が覚め7時半にはエイヤっと起き上がる。

トドックの申込書を書き直す。こういうの大嫌い。というより「あんた、それ絶対わざとでしょ?」ってくらい間違う。今回は三枚目。それすらも二か所誤記。でも訂正印を押してできたことにしてしまった。

次なるミッションは小包発送。これも延ばし延ばしでやっとこさ。

公園に行く。小雨が降っている。それでも歩いている人や走っている人や犬の散歩をさせている人がいる。大きなキノコ型の屋根の下に犬友奥様が三人と服を着た小型犬が四匹いた。何度か見た人たちだ。いつもけたたましくおしゃべりしながら犬のうんこを待っていたりシッコを待っていたりする。申し訳ないが心の中で(ケッ!)と思う。3kmコースを一周だけして終わりにする。

まっすぐ仕事へ。帰宅してグレイズアナトミー シーズン6の再放送。昨日は一回目と二回目でのっけからショッキングだった。ジョージがいなくなるのは知ってはいたんだが。。。第4話では82歳のじいさんがチンチンが起つようになるインプラント手術をする。息子夫婦に反対され医師にも「添い寝だけでもいいじゃないですか」と言われたじいさんは語る。

じいさん「若い奴にはわからんさ。ある日、気付くんだ。楽しみにしていた人生のビッグイベント、卒業に結婚 子供や孫の誕生、それらをすべてやり終えたとな---。残されたのは無数の「昨日」と、わずかな「明日」。妻が死んで以来 女性に興味はなかった だが、ある晩 ビンゴで同じテーブルに座ったんだ マリオンがな。」
医師「運命だった?」
じいさん「彼女は私の「明日」だ。」

私は祈った(おちんちんよ起て!と)

以下ツイッターより

夫不在2日目。新聞配達を終えて、夕飯も食べてぽや〜んとしてたら、メール。現実にもメールでも超無口な夫なので珍しい「○別は雪が降っているけど札幌は?」なんでもない文。ウレシクて不在を淋しく思う。

『自転車冒険記--12歳の助走』を読みながら炬燵で撃沈。キヨシロー追悼番組の録画が始まり、つけっぱなしのTVから大音量が流れて目覚める。一通り見て就寝。

▼4/22

6時半起床。昨日の具だくさんチキンスープを飲んで公園へ。霧雨。短いコースを歩き本屋へ。文藝別冊『佐野洋子 追悼特集 100万回だってよみがえる』を購入。かわっぷちをまた少し歩いて蔵の湯。ザッと浴びて着替え、ムックを30頁まで読む。佐野さんのことを大好きな人たちの言葉を読んで、すごくうれしくなる。そしてイイ気持ちのまま仕事を終える。