■ 日 日 夜 夜 ■

 日々のタワゴト                  

たんたんと歩く日々


▼2/10

出勤前に図書館に寄る。吉村萬壱を二冊借りてみた。雑誌「ドラマ」と。

仕事後、ぼーっとしていたら夫が帰宅。週末の勤務の関係で早く終わったらしい。ケータイの料金引き落としのカードを私のものから夫のものに変更するためケータイショップへ。コレで安心。

帰り道、発泡酒を買いに生協による。明日は祭日で休みだから。

はな○でやっていた塩鶏で夕飯。ナカナカ旨い。蒸し焼きの時に小松菜キャベツ白菜も蒸し焼きにする。〆鯖刺身。

二日ぶりに発泡酒。けれど、酒にしろタバコにしろ自分への褒美の基準のモンダイなんだろうとは思う。そこさえ昨日の自分に惑わされなければ!TVを見ながらコタツ寝の夫。苦節壱時間半。9時頃やっと寝かしつけ、空いたコタツに横になって本を読み始めたらすぐに眠ってしまった。十一時半布団に移動。

朝7時・午後2時半二度歩く。一日つけていて15000歩くらいだった。

66.6kg 44.4% だったかな。

▼2/11 建国記念の日につき休日。

朝の散歩も五日目か。日の出前に帰宅してしまった。せっかくカメラを持って出たのに取り出しさえしなかった。ラジオで札幌の日の出はあと二分というので今か今かと階段の途中でしばらく待っていた。

長い階段の下に犬の散歩の方が見える。ずーっと進まない。どうやら犬が便秘であるらしく、飼い主が、とても長い間袋を広げお尻の穴付近を深刻に見つめ佇んでおられた。

考えてみると東の空の端は山なのだ。日の出は、まだだ。ライターも持っていなかったし手持ちぶさたで汗ばんだ身体も冷えるので帰ってきた。朝食を摂り録画した映画「恋するベーカリー(R15)」を見て、こう思った。一旦離婚して、その後、元夫に萌えられるなんてこともあるのだったら、離婚の前に気持ちの中で一旦離婚したつもりになればいいんじゃないだろうか。そして忘れた頃にもう一度恋すれば。それとも、あの二人のは、ただの発情なのか。

せっかく我が家周辺は良いお天気だったのに、二人でゴロゴロしていた。夫は寝床でPSPをいじっており、その横で私は旅先での他生の縁小説を読んでいた。明日からしばらく夫が留守にするんで、和解しておきたかったこともあり。

午後の散歩は少し無理をした。するとお粥生活が災いしたか途中で充電が切れたようにフラフラしてきた。帰宅してチョコレートで糖分補填。

娘からのメールに「お父さんにチョコレートあげるの?仲良くね」とあった。そうかいないんだよな。と思い、余所に送るハズだったチョコを送るのをやめにして、自分チで消費することにした。どれでも好きなのどうぞ。と差し上げた。

夕飯は丁寧に茹でこぼしてから煮込んだモツ煮。鰹。私は野菜たっぷり雑炊。

体重は、簡単には減らないが体脂肪はいくらか燃焼しているのだと思う。思いたい。

67.2kg 42.2%。