■ 日 日 夜 夜 ■

 日々のタワゴト                  

しょぎょーむじょーっていうじゃない



先々週、浜で採ってきて干した貝がマジ珍味である。今シーズン中にもう一度行きたい。平日一人で行こうか七輪とジンギスカン持って貝採りに。うむ。天気晴朗なれば明後日あたり決行してみようか。

清水ミチコのお楽しみ会2010に。入り口でシロちゃんに遭遇!びっくり。なにしろ、とても楽しかった。清水さん御自身も「さっぽろ夜の部」を堪能されたようで、


終わるごろにはあやうく、

うるっと泣きそうになりました。

お客に感動してどうするんだろう、、。

と、日記にあったので実に乗ってるLIVEだったのだろう。いっぱい笑った。幸せ。予定通りアンケート箱に入れる形で清水さんへの貢ぎ物(北大路公子本)は手に渡ったことと思う。疲れた時、悲しいときに読んで笑ってくださるといい。

冷蔵庫と庭にあるもので即興的パエリアもどきを作った。米・タマネギ・ニンジン・トマト・・ハム・鶏ガラスープ・塩辛・・カレールー一欠片・バター・ナニカの付属品チリソースなどで炊飯。最後に冷凍していたバカ貝・シシトウ放り込む。この好い加減な手順で、なんら問題なく旨い御飯完成。天才!

母の一周忌が終わった。曾孫世代がワラワラと元気で楽しい法事であった。どこだかの農園の方からキュウリが一箱届き、一人の女傑3歳(ジャイ子というアダ名)が、そのキュウリを鷲掴みにしてコリコリと美味しそうに食べ始めたら、チビどもが、それに一斉に追随しはじめ楽しい光景となった。ジャイ子うーちゃんは二本完食。

おかあちゃんもニコニコと見ていたことだろう。

つまらないことで下の娘にブチ切れ。二度と我が家に帰ってこないでくれ。と、引導を渡す。あとから「あそこまで怒ることじゃなかった。メールしようかな」というと、上の娘が「いいって。メールすることないって。思いやりがなさ過ぎる」というので、そのままにしている。深夜に到着メールは来ていた。

能町みね子


お家賃ですけど

お家賃ですけど

と角田、山本氏絶賛のR-18文芸賞作品購入。

他にも、yomyomとか大崎善生とかも買った。

いろいろと、本を食い散らかしてばかりいる。そぞろな日々である。そろそろ肉体労働を身体が求めている気もする。

真夜中、テレビが点きっぱなしの居間で目覚める。冷凍庫を覗き(ああ。コレ、このアイスこの間娘たちとコンビニで買ったんだったな。。。)と、しみじみ「四人家族」の時代が過ぎ去ってしまったことを感じる。そして、わたしたちのいずれかが、いつか「ひとり」になる。・・・それも生物の営みのゴクゴクひとつぶの点みたいなもんなのか。しょぎょーむじょー。