■ 日 日 夜 夜 ■

 日々のタワゴト                  

20日目 熊本-宮地-大分-下関



▼3/21

f:id:okkachan:20100321092839j:image:right

知らない街の知らない家で目覚める。本ばかりに囲まれた不思議な、その部屋は、どこかの異空間につながっていそうだった。乗ろうと思っていた列車は、すでに出ていたが、次のに決めて置き手紙して家を出る。さて駅は何処に?新聞配達の少年や犬の散歩をしていたオジサンに駅の方向を尋ねる。巨大迷路を楽しむ。城の横を通り駅へ

JRで阿蘇山裏側へ。宮地駅で接続悪く三時間空く。ぼんやりしていてもしょうがない。阿蘇神社そしてロープウェイへと。風強く運行中止。こんなんばっか。

f:id:okkachan:20100316143015j:image:left

f:id:okkachan:20100316143053j:image:right

かんぽの宿に下ろしてもらい風呂にした。フロントで受付しようとしたら11時からと言われる。一時間もある。しばらくロビーで暇つぶししていたが、どうにも時間がもったいない。10時半ころ風呂に様子を見に。掃除終わってる。勝手に入る。この時点で入浴料金払ってない。出て払おうっと。と、かるく考えていたが次第にドキドキ。万が一見回りの人に見つかってナンカ言われたらどうする?しかも、その時私は裸だよ!だんだん怖くなる。もの音するたび奥にひっそり浸かる。気を使いながら、風呂に浸かるのは寧ろ苦行。11時になったら即刻上がる。後悔。無論帰り際お代支払う。駅まで花を見ながら歩く。コンビニでうどんアンドビール。街角、木蓮下オブジェの上ひなたぼっこしつつ、うどん、ビール!サイコウ!f:id:okkachan:20100321124417j:image

大分で乗り継ぎ下関に到着。バスに乗り、更に荷物を背負って懐中電灯で照らしながら坂を上る。午後八時半過ぎ。火の山ユース着。窓からは絶景の関門大橋!

f:id:okkachan:20100321210131j:image


サワちゃんという女の子(6才)と仲良しになる。

談話室?で、アチコチの橋の写真を撮っていて、日本最北端とか日本最南端とか、日本最西端とかを制覇している四十台独身男性と話した。それは男的だね。男ってやつは制覇が好きだよね。」と兼ねてから思っていた「男は何でもかんでも国盗りゲーム説」をサラッと。寝る時になって気づいた。彼は「ハシ」と「ハシ」が好きなのだと。「箸」も好きかどうかは聞きそびれてしまったのだった。

翌朝は、ロープウェイに乗ってみようかとも思っていたが、風強し。そして運悪し。