■ 日 日 夜 夜 ■

 日々のタワゴト                  

すぴりちゅある



▼3/15 月


午前3時56分雨音で目を覚ます。ここは道の駅霧島。昨日は、電話したすべての宿に断られ、やむなくここで寝た。あ、車です。 5:23 AM Mar 15th

 雨の霧島神社参拝。上にも停められたのに下に停め歩いて登った。御神木が大きくて威厳に充ちていて圧倒される。これで800年という樹齢。屋久杉の神々しさ如何ばかりか。

 次は「霧島アートの森」を目指す。なんか同じ道を行ったり来たりしている。ちゃんとリサーチしてないからこういうことになるのだ。杉林の間のぐにゃぐにゃ道をなんとか走って着く。そして「休館日」だと。とほほ。かなしかったが、入り口の草間弥生のオブジェのみ写真撮る。f:id:okkachan:20100315090459j:image

 一路、宮崎文学館へ。若山牧水展やってるはず。。。と思ったのにここでも私を温かく迎えた「休館日」の表示。雨はバシャバシャ降ってるし。だいぶ疲労感。しかもずっと風邪気味だったのが悪化した感じ。「アダマイダイ!」

 BOOK OFFの看板見つけ、気を取り直し読むもの確保。

田口ランディ『ひかりのあめふるしま屋久島』・黒野伸一『坂本ミキ、14歳。』購入。そして、聞きなれた昔の歌が聴きたい。と、発作的に「吉田拓郎ベスト三枚組」も。店員さんにパチ屋「ラッキー」尋ねて行ってみた。BUT!待てど暮らせど当たらずアンラッキーな私。たしか財布に万札5枚はあったはず。のこり「10」(千円のこと)と表示されたとこで「力石・力石・力石(パンチ)」擬似連三回か四回きて、とうとう当たる。十数回連荘して即やめ。なんとかマイナス一万三、四千円のところまで浮かびあがる。

 やばい。時間が!ともかく雨の中車を走らせる。戻る日を考えると、できるだけ進んでおきたい。できたら霧島まで。そして宿確保なかなかならず。一人客だって人間だぜ。なぜ泊めん!!暗い。雨寂しい。頭痛い。腹減った。おいらひとりぼっち。気分がダウン。そこへ持ってきて「今日まで、そして明日から」(だっけ?)だ。


日向近辺で宿さがしなう ブックオフでかった吉田拓郎ベスト聴いている。「私は今日まで生きてみました」と、流れてきたら涙がぼろぼろこぼれた。拓郎ファンだったことないんだけどな。多分、雨と空腹のせい。9:06 PM Mar 15th

f:id:okkachan:20100314070230j:image

 せつないブルースハープ(ハーモニカ)・・・私は今日まで生きてみました・・・歌詞が、メロディが弱った心に刺さってくる。我知らず涙が零れてくる。

 道に迷い迷い、かろうじて11時近くなって「道の駅 高千穂」に辿り着く。ああここもやっぱりどしゃぶりかー。こころのなかでかさをさしてはだしであるいてる、じーぶんがみーえるー。


あれからコンビニでグラタン食べてる薬飲んで(風邪ひきかけ)走って走って天の岩戸のある高千穂峡まで来ました。結果道の駅泊。2:45 AM Mar 16th