■ 日 日 夜 夜 ■

 日々のタワゴト                  

女51歳にして「いき あたり ばっ旅」 初日 札幌〜那覇



f:id:okkachan:20100308034036j:image f:id:okkachan:20100308034032j:image

f:id:okkachan:20100308034031j:imagef:id:okkachan:20100308033258j:image


あしたが「いきあたり ばっ旅」開始なのに準備全然できていない。そして今から飲み会。doーなるんだ!? 5:02 PM Mar 1st webから

昨夜はカメムシ壮行会。あんたはヒドイとかシンチャンは偉いとか叩かれまくり。それぞれこどもらの受験や恋愛模様など報告。最後は下ネタのHなHが下の毛に白髪あるかモンダイを提起。そして閉経モンダイ。そしてカメムシ会in屋久島をいつ行うか検討。梅雨の前がいいから4月後半もしくは5月中旬?という結論。暇人の私は良いが皆は本当に行けるのだろうか?まぁ行けたら楽しい旅になること間違いなし。樹木の古老と、これから人間の古老にならむとしている我々と、、良い対話ができたら良いな。田口ランディ屋久島本読まなくっちゃ。。ともかく2000円で3時間半たっぷり楽しく飲み食べた。早目解散。みんなにアチコチのお土産や御守りなど戴く。ありがたい。わけてもMからもらったパンツをよく見ると札が縫い込まれており、思わず涙が滂沱。

深夜、1:40トトと、どこかの白黒猫が激しい恋鳴き。その後も寝付かれず仕方ないので起床。夫の弁当を用意しながら荷造りを平行して行う。あれだけ休日があったのに準備できていないというこの性格!なんとかならないものか。

夫を送り出し、お風呂に入ったりしているうちに、Aパホテル前から出る空港行きのバスに間に合うかの瀬戸際に。タクシーを呼ぶも、普段使っていないので住所名前その漢字表記などしつこく尋ねられて、でーじわじわじ。結局タクシー来たのが7:58とりあえずホテルまで行ってもらうも、タッチの差でバスが走り出した。次に乗車できるのは真駒内駅なので、そちらに急行してもらう。運転手さんが寝袋やマットを見て「山ですか?」と聞いた。「え〜。まぁそんなとこです」などといったものだから、どうやら山好きの運転手さんに火が点いて、もう大変。山談義ひとくさり。でもおかげで近道してもらい間に合った。

千歳空港9:25着。余裕だ。と思いきや手荷物検査に酷く時間が掛かった。燃料用アルコール。あちこちに忍ばせたライターをギッシリ詰まった荷物の中から探すのに一苦労。かろうじてセーフ。羽田11:30着。


羽田空港手荷物待ちなう。それにしても荷物でかい! 11:45 AM Mar 2nd Keitai Mailから

トイレ並んだ…。しかも手荷物受け取り那覇じゃん!最後の客だった気がっ!冷や汗の連続。ゾクゾク 11:59 AM Mar 2nd Keitai Mailから

乗り換えだから荷物は那覇空港受け取りなのに、ぼんやりトイレで長蛇の列に並んだり荷物待ちを数分したりしていて、ふと思い出した。荷物は那覇じゃん。馬鹿じゃん。大急ぎで独楽鼠のように駆け出す。通路では係員が叫んでる。12:00発915便のお客様ーっ!?お客様いらっしゃいませんかーーーっ!!はずカシス俺んじ。乗り込んだら、どうやら最後の客。

飛行機に乗ると私の周りは、専門学校かなんかの団体。めちゃかしましい。まさに姦しいという字の意味を実感する。離陸のときに断末魔の叫びとか口笛とか大拍手のBGM勘弁して。精神一到何事かならざらんや。と、読書に勤しむ。武田花『犬の足あと猫のひげ』中公文庫。読了。


あの母の真黄色のワンピースを目に浮かべながら、砂山の影にしゃがんで用を足す。あれから四十年近く・・・・・・こういうばしょで、こうなる癖がいまだに直らない。お尻丸出しのスカスカした格好のまま、排泄の快感と心細さの入り混じった妙な気分で眺める景色は、夕暮れの砂採場。

百合子さんのダイナミズムはないけれど、やはり文章にする観点にどこか似通ったものがある。あっさりしていて(そこんところ、もう少し聞きたい)というところでブツン、と終わったりする。そこが、また良いのかも。

さて、那覇空港

生暖かい風。どんよりと曇っている。巨大荷物を押しつつ駐車場を横切る。歩道でホワイトボード紙を出し「泊方向」と書く。広げ始め数台車が過ぎて行った。すぐ後ろに芝刈り作業のトラックが止まった。「のさぁ、泊に行くわけぇ?だったらここじゃ駄目さぁ。反対方向だよ。あの建物の向こうに行かないと」「いや。こっちに上ればいいんじゃない?」「いやいや。あっちがいいはずよぉ」みんなして、おばちゃんヒッチハイカーを応援してくれる。ありがとうございます。じゃあ向こうで待ってみます。と歩き始めた。その時、速度を落として近づいてきた車が一台。運転しているのは50台後半くらいの綺麗な女性。どうぞ!というような仕草。「荷物が大きいんですが大丈夫でしょうか?いいんですか?ホントデスカ!?やったー!!うれしー♪♪ありがとうございます。では失礼します。

乗り込んで伺えば、一旦通り過ぎたものの気になって一周し戻ってきて下さったとのこと。ありがたやー。お名前はT山S夜子さん。旅行が好きな方のようで、様々な話をして下さった。大阪から嫁いで沖縄暮らし31年。今日は旅行先の湯布院で知り合ったお友達を見送りに来たところだそうだ。私が昔々琉球大学の学生だったことを話すと、流大の図書館で働いていたという。これもご縁ですから、と、「そうだ。さっきサーターアンダギー買ったんです。お土産にどうぞ。と下さった。無事に泊高橋交差点近くで下ろしてもらう。最後に写真を一枚撮らせてもらった。住所などまで伺う時間はなかった。そうだ、名刺を作っておいたら良かった。ブログのアドレスや名前なんかを書いたものを。んんん。失敗。お礼状なんか出さなくていいのだろうか。。


いぇい!初めてのヒッチハイク体験しちゃった!空港から今夜の宿泊先YHまで乗せて戴きました。T山S子さん。ボートドを見て、通りすぎたのに引き返して乗せてくれた。サーターアンダギまで下さった。感謝! 4:34 PM Mar 2nd Keitai Mailから


部屋で荷解き。このバカデカ荷物なんとかならぬか。と詰め直してみるも、あまり効果なし。そして、外に出てみる。どうしよう。どこ行こう。と、しばらく探検。まずは牧志へ行くかとバス停へ。行き先を書くヒッチ用具は持って出なかったし。時刻表の時間になっても、やはりバスは来ない。しばらくしてやっとバスが来た。確認して乗り込む。安里で降り、国際通りを歩く。昔あった建物はほとんどなく、派手派手しいみやげ物屋が増えている。それでも、ああ!高良レコード!あの頃からあった!あ、これ、後輩のタツローと来た喫茶店か?とか色々思い出す。公設市場を覗き南国らしい魚たちの写真を撮ったり、豚のチラガーと記念写真を撮っていただいたり。買ったのは高麗ぐーすー294円のみ。

暑くてのどが渇き、「ここは、やっぱオリオンビールでしょう」と、居酒屋風の店に入店。あぐー豚の餃子とジョッキをオーダー。つきだしに甘辛こんにゃく三切れ出てきた。ビール480餃子580。ハイトーンあります。と張り紙がある。当時、100円のハイライトを吸っていてお金がないと、やや似た味のハイトーン80円を吸ったものだ。懐かしくて一個買い求める。うんうん。この味だった。なんか草っぽいこの匂い。。。とか思う。もう一杯飲みたかったがケチケチ旅なのだから。。。と、自重。会計は1360円。こんにゃくタケー。


バスで公設市場に行きブタのちらがー(顔)と記念撮影。なんせ蒸し暑くオリオンビール飲みつつあぐーの餃子食べて来ました。お土産にこーれーぐーす一本購入。風呂入ったし洗濯したし 記録したら寝る。明日は与那原と首里に行く予定。8:13 PM Mar 2nd Keitai Webから

宿に帰りシャワーを浴びる。そして汗をかいた服や下着を洗う。乾燥機かけてみたが、回らない。ペアレンツに、100円入れたけど動きません。と言って、100円もらい、もう一度トライ。でも動かない。また下に下りるのも面倒で諦める。部屋のベランダに干す。そしてPC使ってみようとしたが電源入らず。。。山之口貌さんの詩集を読む。心打たれる一節があった。そうして6人部屋に一人だけの静かな一夜が終わった。

ミニPC電源ツカズ!明日エクスパックで強制送還予定。

本日の出費


タクシー 1400/空港バス 1000 /宿 3150/こーれーぐうす 294/オリオンビール 480/あぐう豚餃子 580/さんぴん茶 150/乾燥機 100(けっきょく動かなかったし)/沖縄煙草ハイトーン 250/国際通り迄のバス220×2 440/マイルドワン×2 600/ 合計8544円。遣い過ぎ。


小遣い帳更新なう。詳細は いずれまた。さーたーあんだぎー懐かしい味!大学去る時に処分した本に出会えないものかな?と思う。本棚三本分だから どっかには眠ってると思うが。友達に彫ってもらた蔵書印押してるが 10:33 PM Mar 2nd Keitai Mailから

さすがに疲れたので3月3日の分は、またいつか。今日も、とてもよい出会いがたくさんありました。気まま旅、ああぁとても自分の性に合ってるなぁ。明日は島へ行けるかな。素敵な伊是名島情報あらばコメント欄で教えて下さればありがたいです。