■  日  日  夜  夜  ■

                      タワゴトです。

2009-03-15



▼3/14〜

仕事、それなりに多いブツ量。久々、忘れ物をして局に戻って配達。

仕事後飲み会。某ビール園にてジンギスカン。抽選で「大人の偏差値トレーニングカード」というものゲット。それにしても我がテーブルのお代わり度、すんごかった。一皿の量が少ないのを割り引いても。

出口混雑しないうちに脱出し、モヘヅ会の居酒屋目指す。スーパー幹事からのメールには、非常に適切な案内があったにも関わらず迷い、ナナノヨン二周。

まぁ、いつもの皆様、飲むわ飲むわ。さっきの景品を出すと、横にいたY寝たさんが、説明書を読み、その使い方を説明してくださった。月・星・太陽・□などの模様が一個から三個ついており、色も黄・赤・青・緑と4色ある。これを、まず5枚出して、中央に一枚めくる。そしてそのカードと属性がかぶらないカードを次々と出してゆく。手持ち5枚は変わらないので、次次山札から補充してゆく。青い星が一個描かれたカードならば、模様が青くなくて、一個じゃなくて、星ではないカードを出してゆくのだ。はぁはぁなるほど。これが、一分間に何枚出来るか、を測定する。間違っている場合は、そこまでの枚数を記録。

まずは互いに測定。しだいに、ほぼ全員がこれにチャレンジ。なかなか有意義であった。主な話題は確定申告と死ムシティ2?どちらも私にゃあよくわからん話だった。だけど、楽しんだ。

の後、いつになく「腸うまいホルモン」にコダワルIナミ嬢に引き連れられ、二条市場方面の噂の旨い店目指す。だが閉店。そんで、誰かが見事な嗅覚で鉄板ホルモン屋を見つけだし、まんまと食す。だが、当の本人はイヤっ!私が食べたかったのはコレじゃない!ああぁぁ。と、泣き崩れる。まぁまぁまぁ・・・人生は長い。豚の腸も長い。いつの日か理想のカリカリ焦げかけたような腸に出会う日が来ることであろう。と、みんなで半分眠りながらも力づけて解散したのであった。

タクシーの運転手さん珍しい名字の方で、もしや私の住む町内に親戚はおられませんか?というと、まさにいとこだという。そして、運転手さんの名字をしげしげ見てこの字って色んな読み方できるな。と、思うとチラシを渡され、これが娘なんです。と

小泉ニロというボサノバ歌いの女性の載ったチラシを渡された。

読了本:『高円寺 古本酒場物語』古材で店を作る下りとか良かった。言いなそういう構えの店。『SとM 体の闇がわかる本』あんまし素人向け過ぎるカンジ。闇は、解明されず。

高円寺 古本酒場ものがたり SかMか 体の闇がわかる本

広告を非表示にする