■ 日 日 夜 夜 ■

 日々のタワゴト                  

2008-12-21




役にたたない日々

役にたたない日々

▼12/20 

いよいよ年末年賀体勢に職場のレイアウトも臨時設置棚も

2008年を締めくくるカメムシ忘年会。

・年金と保険の話題には相当真剣な我々「20世紀少年ならぬ半世紀少女」侃々諤々?喧々囂々?ともかく「日々加速度的に加齢している」というあたりまえだけど驚愕の現実再認識。

・コガメたちの成長/・Amazonで買い求めたがふくらはぎ太すぎてキッチキチだったシンデレラの長靴はカメムシ最功労賞の人に/・B組クラス会顛末報告写真。例外のないオッサン化/・毒舌/・くっちゃんの逆襲/・アルバムに細かりし自分/美しかりし友人ら!嗚呼!!!/・私の辞書に「生まれ変われるものならば」はない。どうしても生まれちゃうんだったらイイ男に生まれて1000人斬りっ!しかもマジで愛して。

・『役にたたない日々』に見る絶望と希望と。やっぱKセンセイもドウシンでおっしゃるとおり。おっか的今年のベスト本思いあぐねていたが、佐野洋子しかあるまいと、本日決定!

・日記屋の件(詳細は書けないが)・二日酔いと、根本的にダークな。


日曜美術館 高橋源一郎 オトコとしてろくな奴じゃないはずだが、どうしても好ましい。佐伯という画家がゴッホへの尊敬と人から人へのメッセージを届ける芸術家としての自分を郵便配達夫の形で託した・・・ってとこに、少しだけヤラレル。ワタシの届ける〒の99.9パーセントに「それ」はないよ。欠片も。っていうのがチクリと胸を刺す。でも奇跡的に自分が届けたモノの中に、これによって小さな幸福がこの人の胸に広がるであろう、と思えるときもある。何ヶ月かに一度。