■  日  日  夜  夜  ■

    日々のタワゴト                  タワゴトです。

▼8/14 木(個人的休日)



やはり天気はカンバシクはなかった。

焼き肉プランはあきらめた。

朝、あれこれ片づけなどしつつ

「ねー、そこの布団とか下の押入の空いたとこに持ってってくれる?」

と、夫に頼んでみた。すぐに布団類を出してコロコロで猫の毛を取っていた。

(あら、気が向いてくれた)と、思う。自ら思い立ったことはどんなに面倒くさそうなことでも何でもやるのに、私が頼んだことは、そう手間がかからなくても、やらないことはやらない。やることはやる。基準が分からないし説明もないので難しいのだ。だから、なんであれ最初からダメモトって気持ちで言ってみる。強制はしないしできないし。

この間の洗面所のクロスにしても、・・・そーさなぁー・・・前の前のゴールデンウィークあたりから何回かリクエストしてみた気がする。いったん気さえ向いたらやることは素早い。メージャーを出し採寸。ホームセンターへGO!紙に書いた洗面所の図面を見ながらひたすら黙々として線引き。ハサミで切りタオル入れを動かし洗濯機を動かしすべて一人でやった。応援や協力を頼むとかまずめったにない。

話がそれた。。。

そんなわけで娘には家を10時半に出ると言ったのに「片づけ魂」に火がついた夫はなかなか作業をやめようとしない。ほぼ30分遅れで家を出る。姉たちに日頃のお礼として肩こり解消用ドリンク・ビール・パッキーカードなど、それぞれ約五千円分を買い求める。気持ちが急いているというのに中山峠・京極どちらでも夫が混雑した駐車場に車を停めようとするので、ややイラっとした。なんか観光客みたいなんんだよなぁ。京極の水しょっちゅう汲んでくるし。水道水でいいじゃん。ぜんぜんカルキ臭くないし。シーガルフォーだし。

そんなこんなで、やっとこ実家にゆくと茶の間にはベビー軍団がわっしゃり。しばし、ごたごた、わーわー御はんをいただく。

山の小屋番さんと親しい姉に、夫の再就職の予約というか打診してみてくんないかと話す。姉は冬仕事ないけどいいの?しんちゃんなら公務補さん(用務員さん)とか向いてるんじゃない?と言っていた。でも聞いてはおいてくれるらしい。いやぁ、たしかに、それ以上夫に向いてる仕事はないかも。草取りなどの庭仕事。修繕。雪投げ。全部夫の好きなことだ。向いている。報酬は高くはないらしいけど、その辺も探ってみよう。

スペアリブがあったので、ついついビール飲んで長っ尻。三人で鯉川温泉へ。そして鞄を忘れてきたことを思い出す。あーもー。

気持ちよく露天風呂に入り、引き返してバッグを取って、余市経由。ウニ丼食べた!うまかった。でも落ち着かない。私のが2960、夫2310、娘2160。それぞれ赤カップ白折白カップ。カップというのは塩水ウニ。で、赤はエゾバフンウニ。白はムラサキ。

帰り道娘が昨日発売だったアイスエイジとかいうコミックス買いたいというんで本屋へ寄る。

「お母さん降りないわ。降りるとまたほしくなるし長くなるし」とか言ったくせに

イザ着くと覗きたくなり降車。

そしてお買いあげ。わーを!人物伝、荷風伊丹十三だぁ!録画予約だ。

[rakuten:book:13022649:image]・IN★POKCKET

車中、娘の寝てる間は本を読み1巻ほぼ終了。

途中で安い!と給油。しかし、いつのまにか全体に少し値段下がっていたのね。