■ 日 日 夜 夜 ■

 日々のタワゴト                  

労働者



▼4/4 金

疲労した肉体に鞭打ち労働。

まずは深夜目覚めて、お弁当の準備してなかった!と思い、豚肉・大根・煮込む。ゆで卵も汁につける。

安心して寝る。目覚めて、ぼさらーっと、弁当詰めて町内会の配布物を配り、出勤。

大区分を終え、鍵を受け取りにゆく。免許証の点検で、初めて忘れたことに気付く。

取りに戻る。ってったって駐車場は600メートルも離れており、そこまでメロスのように疾走。家まで暴走。家の鍵忘れた!と思ったけど裏から入れた。そして昨日着ていたコートのポケットから免許証発見。職場近くの駐車場まで暴走。そして疾走。

この間で、約40〜50分の無駄。必死になってコダテ。

走って走って配達。信号運良かったり、どうにかなるかも・・・と、思った瞬間「ありがとうございます」と、配達の車中、声に出して神に感謝。

そしてバッタバタで終了。つくづく馬鹿な自分に疲れる。

職場向かいのスーパーで鱈ほっぺと小松菜、麦酒、など購入し、フライで食事。

姉から電話。入学式どうだった?と。どうといわれても・・・。入学したよ。下宿のオバサンは親切な人だったよ。と報告。私らには、お祝いのお返しするな。と釘を刺される。押し問答の末、好意を受けることに。

日曜日には、天気が良ければスクーターに乗ってみよう。るん♪そんでもって鍼に行ってリフレッシュして来ようか。ここんとこ疲労が重なり、老いのスピードに加速度がついたように思われる。

朗読CDは山本周五郎「鼓くらべ」を。

Yは、クラスメイトらと早速昼カラに行ったそうだ。たぶん、あの人は聞いていただけだとは思うが。