■  日  日  夜  夜  ■

    日々のタワゴト                  タワゴトです。

<ほう‐こう【方向】ハウカウ>



  むき。方角。 進むべき路。方針。

     

      *   *   *   *   *  

芥川賞書く人は自分がどこに居るのかわかんない人でさあ、わかんないもんだから書くのね。直木賞の人はさあ、自分の居場所を知っている人でね、わかっていることを書くんだよね」。 『百万回生きたねこ』や『おじさんのカサ』の作者でもある佐野洋子が『がんばりません』(本の雑誌社刊『佐野洋子の単行本』・改題作品:新潮文庫)「本好き女の離婚確率」のセリフ。それは、とある友人の言葉として書かれている。至言だ。

 例外を挙げようと思うと結構あるし、途中で変わった作家もいるのですが、でも

「なるほど」と思う。芥川賞大江健三郎安部公房村田喜代子村上龍小川洋子柳美里川上弘美

直木賞宮部みゆき浅田次郎篠田節子林真理子渡辺淳一半村良阿刀田高向田邦子などなど。

 別の言い方をすると、自分にしか興味のない人は芥川賞で、社会を見つめる人は直木賞なのかも知れない。生き方そのものを見つめようとする人と社会の中の自分を見つめようとする人。

 私はいい年をして、進むべき方向がどちらなのか見えない。純文学的(!)に生きている。けさらんぱさらん。同じ判らなくても、座標軸を書いて方向を見極めようとする人もいて、私の羨望のまなざしを浴びたりするのですが、私はというと人差し指を舐めて、風向きを感じたり、目を閉じて動物的感、本能を信じて探っているところです。世間知らずの恥知らずなのです。