■  日  日  夜  夜  ■

    日々のタワゴト                  タワゴトです。

<ゆめ‐うつつ【夢現】>p.2451



 夢と現実。後撰和歌集哀傷「―ともわかれざりけり」

 夢か現実か区別し難いこと。意識がぼんやりしている状態。「―で話を聞く」

 次女は、よく寝惚けるやつで手が掛かる。随分前にこんなことがあった。夜中に(起きた様子だな)と思うと、玄関への戸を開けた音がしたので慌てて行ってみた。真っ暗な玄関で立ちつくしている。「○○!」と呼んだがもう遅い。

 じょんじょろじょーんという悲しい音が、玄関の三和土(たたき)にこだました。

 だから、夜中にこども部屋から物音がすると、少しだけ緊張して様子を伺う。二階へ行って一回りし戻ることもあれば、私たちの寝室を左から右へ歩行し出ていくこともある。

 トイレに入ったなと思っても気は抜けない。そのまま出てこなかったりするからだ。「○○!」と声をかけると寝惚けまなこで、お尻を拭き、パンツを上げるのである。

長女の夢うつつ体験は寝言。ぐっすり寝ていた癖に「これから、5時間目の勉強を始めます!」と、ものすごくハッキリ高らかに宣言。またそのままzzzz。笑ったー。どうやら、日直の夢を見ていたらしい。その日か次の日が日直だったとのこと。何か気にかかっていたのだろう。小心者め。お母さんとおなじだよ。

 「うつつをぬかす」は 「現実を抜かす」の意。現実無視で、何かに入り込むこと。おっかさん!色んなことにうつつを抜かし過ぎ!

       ★  ☆  ★  ☆  ★

 昨日の日記へYさんより反響をいただいた。

>目から鼻に牛乳がぬけると白いギターがもらえる!(笑)(笑)

>なつかし〜。ん、絶対もらえますね。ハハッ

  

 <おぬし何者じゃ。とりあえず若者じゃないのはばれたね(おっか)>

>確かに目は、口や鼻や耳などとは格が違うようですね。

ソープランドで働くA嬢の証言!などと週刊誌にのっていたとしたら、

>A嬢の目に黒い帯を重ねるだけでOKですもんね。口や鼻に黒い帯を

>重ねても、A嬢のプライバシーは守られませんよね。

  <ううむ(おっか)>

>おもしろいものですね。

<私に言わせれば、鼻や口に黒い帯・・・と考えてみる人の方が面白いと思います(おっか)>

では、また!!  <また、へんなこと考えてメール下さい。はは>